« 中国の反日デモに思うこと(3) | Main | 米ブッシュ政権の安全保障戦略 »

音楽を再現する機器としてのヘッドフォン

 私はちょっと疲れたりのんびりしたい時に音楽を聴くことが多いのだが、現在はなかなか時間も取れない。似たような環境の人も多いと思いつつ私見を。

 普通に昼働いて夜帰るような生活をしていると、家でゆっくり音楽を聴くといっても夜になってしまう。大音量でスピーカーを鳴らすわけにも行かず、BGM的に小さな音量で我慢するか、さもなくばヘッドフォンで没入するように聴く人が多いのではないだろうか。日本の住宅事情では音楽に集中するとなると方策は限られる事もあり、好む人は多いだろう。私も他に選択肢も無くそうしている。
 しかしこれが結構曲者である。昔長岡鉄男氏が、「音が頭の周りに張り付く不自然な響きはオーディオとは言えない」と一言で喝破していたが、これは本質的な指摘なのである。なぜなら、特に日本人に特有と思うのだが、音楽を時間のみならず空間の中に存在する芸術と認識する人が極端に少ないことにある。にもかかわらず、S/Nとか音像の明瞭さ、分解能などには極端に潔癖な人が多い。これは録再機器の評判は良いがスピーカーはさっぱりという日本のオーディオ製品の評判にも反映される。
 ただその逆で、音楽的経験の多寡によって表面上逆の反応になることもある。比較的近年までデジタルオーディオよりアナログオーディオのほうが音楽的だと主張していたマニアの存在などがそれだ。まぁ今でもいるかもしれない。しかしCD登場の時期、ベルリン・フィルやウィーン・フィルのメンバーに聴かせて感想を聞くと、比較にならないくらい情報量が多いとして強く支持されたと伝えられている。曰、今まで分からなかった「誰がどう弾いているか」まで分かるという話だ。

 私は若い頃からの好楽家だが、大学時代に趣味でヴァイオリンを弾こうとして、生来の不器用さから一瞬にして挫折した経験を持っている。もう思い出すだけで情けなくなるのだが、それでも良い経験にはなった。これは実際に手にしてみないとなかなか分からないのだが、一般に下手なヴァイオリンのイメージとしてギーコギーコという嫌な雑音が発生するだけの風景がしばしば連想されるが実はそうではない。かなりの初心者でも音そのものは極めて綺麗に響き出す。しかも今までどんな録音でも聞けなかった独特の複雑な響きがちゃんと出てくるのである。「楽器の女王」と言われる理由をこの時やっと理解した。そして合奏に及んだときの響きは言うまでも無い。
 素人でこうであるから、プロだと勿論段違いだろう。LP時代は当然として、CD時代で音楽を聴き始めた人もかなりの情報が落とされた状態で慣れてしまっていると思う。大半の人はこの落差の実感が無いままだろう。この事実が恐らく普通のオーディオマニアと演奏家の認識の格差になったはずだ。そしてヘッドフォン一つ作るときも、このリファレンスを熟知しているかどうかが反映される。2chあたりのヘッドフォンレビューをまとめた便利なページがあるが(参照)、内容を見ると人により随分反応が違う。当然のことではあるが。 
 私が現在使用しているのはAKGのK501というモデルである。これは最も個性的な部類に入るかもしれない。用途はほぼ「クラシックの室内楽」のみに限定されていると言って構わないだろう。オーケストラやピアノになるとアタックの部分などでもう少し物理特性が欲しくなる。しかし弦楽器には本当に抜群で、確かにその楽器の音として鳴る。他のヘッドフォンがMIDI音源並みの不自然さに思えるくらいにだ。ちょっとしたニュアンス、これで無いと駄目というのがちゃんと出る。ただしエージングは何十時間もかかるので継続使用が大事だが。
 まだ聴いたことは無いが、ゼンハイザーだと大編成の音楽にも合うのだろうか。STAXはチェンバロなどは抜群だがハイエンド機しか物の役に立たないという印象がある。ちなみにSONYは、10年位前のモデルでは市場を意識しながらも音楽に対する呼吸が分かっていて、極力頑張っているという印象があったが、近年のモデルは価格を問わず駄目という気がする。担当者が変わったのだろうか。

|

« 中国の反日デモに思うこと(3) | Main | 米ブッシュ政権の安全保障戦略 »

Comments

初めまして。いつも読ませて頂いてます。

SONYだと MDR-CD3000を使ってますが、本当にいい音鳴らしますよ。
STAX SR-007も所有してますが、これは素晴らしいとしか言いようがありません。

Posted by: AO | 2005.05.25 at 01:09 AM

初めまして、宜しくお願いします。
CD1000,3000といった昔のラインナップは良かったと思います。私も使ってましたが物理特性の良さだけでなくウェルバランスでした。最近のモデルはちょっと、と思いますが。
STAXは以前友人にメーカーと親しい人がおり、直接メーカーを訪問させていただいたことがあります。ゆっくり聴かせていただきましたが、Signeture以上は素晴らしいですね。そのうち入手と思いつつ、取り回しの不便さもありつい放置のまま。買わねば・・・・

Posted by: カワセミ | 2005.05.25 at 01:20 AM

The comments to this entry are closed.

« 中国の反日デモに思うこと(3) | Main | 米ブッシュ政権の安全保障戦略 »